読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気

アマチュア愛好者だからこそ、目指すものはそれぞれでいい。 だけど、主体は、あくまでもその本人にないといけない。 簡単めな曲を延々と弾かされたり・・・それは、本人の意思なんだろうか?先生がOKというまで、続けるの? その期間、他の曲と向き合う機…

演奏動画:ピアノ教室編

いまどきのピアノ教室には、教室宣伝用のWebページがあるのが一般的になってきている。 そこには、たいてい、レッスン方針(指導理念)、レッスン料、所在地、連絡先 とともに、「講師プロフィール」が掲載されている。 学歴、コンクール入賞歴、師事歴 など…

演奏動画:アマチュア編

アマチュア愛好者のブログなどを見ていると、演奏動画を公開されている方が大変多い。 それまで練習した成果としての発表会の記録の動画、とかじっくり練習した結果、レッスンがひと段落ついた記念の動画、とか。 そういうのは、見ていて、ホッとする。 もち…

選曲

今も昔も、生徒が子供であれば、特に選曲で悩むことはない。 だって、未就学児や小学校低学年の子が、 「英雄ポロネーズを次の発表会で弾きたい」 なんていうはずがない。 もっといえば、生徒である彼ら、彼女らは、世の中に存在するピアノ曲を大人ほど知ら…

モチベーション(選曲)

大人がピアノを再開する理由として、「この曲が弾きたい」という思いがよくある。 弾きたい曲と弾ける曲のレベルが一致している人たちは、 好きな曲を次々に弾ける。 ところが、大人再開組の大多数が、「20年ぶり」「30年ぶり」コースです。 すると、はるか…

大人がピアノを続けるのに必要なこと

これは、過去のブログにも書いたし、 リアルなピアノサークル内の掲示板なんかにも書いたことがある。 ピアノって、一朝一夕に成果が目に見えて現れるものではないから、 継続することがまずは大前提となる。 では、継続するために必要なものは? 私は、以下…

人口ピラミッド・・・ピアノ教室の有望市場を考える

我が国の人口ピラミッド。 統計局ホームページ/日本の統計−4 我が国の人口ピラミッド 少子化が叫ばれて久しいわけですが、そういった意味では、ピアノメーカー、ピアノ教室に関しては、厳しい時代といえるのでしょう。 ネット上にも、ピアノ教室のHPや、ピ…

大人ピアノ愛好者たち

大人ピアノ愛好者、とひとくちにいっても、いろんなタイプの人たちがいることに気付く。 ここで、「愛好者」とは、「音楽の専門教育を受けていないが、趣味でピアノを弾いているひとたち」と定義してみる。 音大附属のお子ちゃま向け専門教室やら、幼少時か…

目的とか目標とか

なんでピアノを弾いているのか? - 好きだから。 数年前に、来し方行く末を考えた時、どうしても「後悔」しか残っていないものに気づいた。 高度経済成長期からオイルショックの頃にかけて小学生だった私は、 週3回(火・木・土): 珠算 週1回(日) : …

自己紹介

はじめまして。 はてなにブログ解説してみました。 毎日ピアノと向き合っているアマチュアピアノ愛好者です。 なかなか思い通りにならないことも多いけれど、毎日、「考えながら」練習することを楽しんでいます。 たまに、アマチュアのサークルや弾き合い会…