読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

勇気

アマチュア愛好者だからこそ、目指すものはそれぞれでいい。

だけど、主体は、あくまでもその本人にないといけない。


簡単めな曲を延々と弾かされたり・・・
それは、本人の意思なんだろうか?
先生がOKというまで、続けるの?

その期間、他の曲と向き合う機会を逸してしまいます。


コンクールやそれに準じるようなイベント・・・
指導者名なんて空欄で出すことだってできる。
だけど、指導者名を記名するように指導者からいわれ、
あげく「こんなんじゃ出させない」といわれて、それに従う?

弾くのは、指導者の名誉のためではないでしょう?


そんな扱いを受けても、その指導者を盲信してしまう生徒がいる。
冷静になれば、そんなのおかしいことはすぐにわかるけれど・・・
それを否定することは、
その指導者のもとで過ごした時間を後悔することになるから、
肯定したいのだと思う。

 

だけど、病院だって、セカンドオピニオンを求めることはよくある。
一度、セカンドオピニオンを受けてみる勇気、持とうよ。


ピアノの指導者なんてゴロゴロいる。